« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

さようなら昭和展(架空のイラスト) #昭和

架空のイベントだ。しかし、あったかもしれないな。昭和が終わった時、長かった事もあって影響は大きかった。昔大阪万博でこういうロボットが展示されて大人気だったらしい。しばらくはロボットというとこんなイメージだった。今ではレトロだな。それに比べてバニースーツは永遠に不滅。Photo

| | トラックバック (0)
|

作家はどうやって小説を書くのか #井上荒野

朝日カルチャーセンターで作家の井上荒野(あれの)先生が講演。司会「切羽へ(きりはへ)」を「せっぱへ」とか失礼な説明からスタート。25名ぐらいの参加者に一人も映画の「結婚」を見てないというオチ。男も結構いた。女は割と年配。何かカルチャーセンター参加者の常連みたい。

根本昌夫という編集と一緒だが、ボソボソと何言ってるのか聴き取りづらい。眠くなる。何か偉大な父親作家が娘も小説家にしたかったそうだ。母親も書いてたとか。ずるくないか。特に何の問題意識もないので感性だけで書くそうだ。書いてるときは別に人に読んでもらいたいとは思ってないらしい。不倫ネタが多いが、恋愛が一番ままならないから、人がどうするのか考えるのが書く理由。別に誰の迷惑にもなってないのに不倫ばかり書いてて非難される事もあると言う。小説の中に道徳は持ち込みたくないと思っている。登場人物と同じ目線ではなく上から動かしているが、登場人物それぞれに等分の情熱を注いでいる。経験を積んで自分のスタイル、自分が優れていると思うもの各々を言語化できるうようになった。あと、何でもどこでもメモを取る。それを後で自分が何で気になったのか考えてみる。

と、さすがプロの大人気作家は言う事に含蓄がある。質問コーナーで別に感激したわけでもなさそうなのに泣き出した女性とかいてワロタ。多分、不倫されてるのだろう。あと婆さんが井上先生がテレビに出た事だけをやたら褒めていて、しかも小説は読んだらすぐ忘れるとか放言して失笑されていた。

やっぱり自分の経験で書いてる雰囲気があった。若い頃に何人もの男と遊んで家に帰らず酒飲んでたって事らしいし。まぁこういう人じゃないと直木賞とか取れないっしょ。 つか、父親の話が多すぎた。そこ要らんわ。聞き手の編集が父親と瀬戸内寂聴の男女関係について焦点を当て過ぎ。もっと井上先生の作品について聞きたかった。デビュー作程度で直木賞の事なんて一言も出なかった。道徳を小説に持ち込みたくないは納得。じゃないと14歳と教師の不倫犯罪(援交だよ)とか書かないよなあ。あんなところで講演するとか作家も大変すぎる。お疲れ様でした!!!

| | トラックバック (0)
|

暑中お見舞い #暑中お見舞い

Photoはい、暑中お見舞い猛暑あげます。めっちゃ暑いですな30度以上が普通とか。水源も枯渇しかかって取水制限だとか。森友加計の追求やら女性議員の失態とか北朝鮮のミサイル、トランプの横柄外交、稀勢の里休場、Gの連敗などなど慌ただしい世の中だわぃ。

あへ、もうpixivも辞めたいし(ハレンチな)絵を描くのも辞めたいよ。疲れたよパトラッシュ・アワー。SNSてもう少し面白く交流できるのかと期待してたが、コミュ笑な俺には無理。しかし社会との繋がりを完全に失うわけにはいかないので我慢している。もう人の絵を真似るのもアホ臭い。その作品が好きという気持ちと、その絵を真似したいというのは全く違うだろうよ。昔はセミヌード描くだけでも罪悪感に潰れさそうになってたというのに今はセミヌードでもないとモチベーション上がらないよ。もう死に体。まっ、いいか。誰に迷惑かけてるわけでも梨。

| | トラックバック (0)
|

井上荒野の小説を #井上荒野

理由はまた今度書くけど、直木賞作家の井上荒野(いのうえあれの)先生の作品を四冊ほど読んだ。

「不格好な朝の馬」…教師が女子中学生とセックス。それだけで読みたくなくなる。そういうの「不格好」と言いつつ「格好良く」描いてる矛盾がある。若い愛人に夢中の旦那のいざこざ。各々が「不格好」って意味は分かるが、自業自得程度の話だ。

「誰よりも美しい妻」…また夫の浮気話。妻は気がつかないフリ。若い愛人達と何回も情事を重ねる。昔の愛人とも付き合ってる無頓着さ。美しい妻というのが何か白々しい。最後は夫の事故騒ぎ。息子の恋愛が一層気持ち悪い。

「リストランテアモーレ」…イケメンシェフ大活躍、性的な意味で。女と寝まくる。おとなしい女の子とも即セックス。嫌いな親父そっくり。一方で姉は意外と奥手。最後は姉もやる時はやるところを見せてくれる。姉さん、可愛い。この人の小説では珍しいタイプじゃないの?井上先生の作風は純情とは無縁だもんな。

「切羽へ」…いつセックスするんだろうと思ってた。ああ、そうか。井上先生の場合は男はし放題だけど妻は割と貞節を守るんだ。結局しないんかい(笑)九州弁が殆どで親しみ湧く。石和って男は一体なんだったんだ。いかにも女が好きそうな少女漫画に出そうなタイプの寡黙なイケメン。直木賞受賞作だけあって、流石に秀逸すぎる一作。ところが本屋にゃ売ってない。電子書籍にて購入。

なるほど。大人のための恋愛小説は男が浮気する事で発生するらしい。山田太一先生の脚本も確かに夫が浮気する事で物語が生まれている。子供の恋愛小説は相思相愛になるまで、大人の恋愛小説はその後……それは分かってはいるつもりだけどさ。揶揄するような事を書いたが、どの小説も丁寧に恋愛の機微が描かれている。多分、恋愛達人の女性には「わかる」のかもしれん。セックスなんて誰でも気軽にするでしょ、今の時代は子供でも。寝ることよりも心が大切なのよ……。

多分、オッサンが美少女描くのを気持ち悪いと思われると同様に女性が男のセックスを描くと違和感あるっていう事なのかもしれん。14歳の女子中学生とセックスするオッサンは、「子供とのセックス最高〜♪」そんなに冷静な感じじゃないだろうし、若い娘に手を出しまくるオッサンだって「やっぱ若い女の締まりは最高〜♪」みたいな下品な感情だと思うんだよね。イケメンシェフが「今回はアナルで攻めた」とか書けば納得するわけよ。上品すぎるんだよね、仕方ないけど。一方で女性も乱れない。「切羽へ」のセイだって石和への感情を露にしない。誰も乱れないままに淡々とセックスする。エロ小説じゃないから当然だ、とも言えない気がする。読み慣れない疲れた。井上先生が悪いんじゃないわ。

| | トラックバック (0)
|

ちょっと愛して… #山田太一 

山田太一カテゴリー作った方がよかろうか。

結婚を夢見つつ、数々の失敗に傷つき独身のままの男女による恋愛劇。平凡でも真摯に生きる人にも光を当てる山田太一が、婚期を逃した男女が衝突を経て関係を深める様を丹念に描く。デパートの紳士服売り場で働く独身の秀子(樹木希林)は、結婚相談所の紹介で指定場所に現れた光一(川谷拓三)に様々な面で失望し、即座に断りの連絡をするが、ある日職場を訪ねてきた光一から再度交際を迫られる。(日本映画専門チャンネルより)

1985年日テレ。まだこの頃はかろうじて不倫を描かなかった山田太一先生。樹木希林も和田アキ子もはまり役とか言ったら失礼になるかもしれん。まぁ今みたいに美人女優ばっかりじゃ物語も何もないもんだよ。アニメにも言えるけど。最後あたりになると樹木希林も可愛く見えてくる。まぁ物語は結婚したい男女の現実的で深刻な問題なんだよな〜。老父の「ますます器量が悪くなって、歳取っちゃって」とか言うのがきつい。その後ろのテレビで河合奈保子が歌ってるという意地悪な演出。理想を追ってばかりじゃ幸せは掴めない。夫婦は喧嘩も当たり前だ。でも二人なら寂しくないという山田太一の考え方が伝わってきた。羽田健太郎が音楽。

ぶっちゃけ内容が内容だけに結構見るのが嫌になりそうではあった。やけに長く感じた1:40 。今みたいに未婚率が高くなった時代の人から見ると「結婚しなきゃいい」と思われそう。

| | トラックバック (0)
|

帰ってきた地獄少女 #地獄少女

8年ぶりにアニメ化された地獄少女。ミンキーモモの作画監督で有名になった渡辺浩が原案だ(だから見てる)。まさかの復活である。ミンキーモモともどもパチンコ様々。タイヨーエレックじゃなくて藤だけど。俺も全財産(笑)投入して全ツッパした甲斐があったというものよ。そもそもパチンコ打ち始めたのはミンキーモモがきっかけだったし。とはいえパチンコがヒットしてから結構経ってるので新作は諦めていた。が、ご褒美なのか六話のみ復活。今回がグランドフィナーレとか。って、もう本当に終っちゃうの!?

新作第一話「見えない聞こえない」は太っている事で苛められる女の子の話。クラスのLINEでひたすら悪口を書かれる。今時のツールとして今度からスマホでも地獄通信にアクセスできるようになった。そこで地獄少女を呼び出すが……。

ちょっと三期まであったエグいところが軽くなった気がしなくもない。とはいえ及第点。若干の「冤罪」があるところもオチもよかった。流石に能登マミの声も変化してはいるけど続投でよかった。交代なら決めた奴を地獄に流すところだったyo。まぁ普段パチで聞いてるから大した違和感ないんだけど。しかし記念すべき一期の一話で流されたのは故・川上とも子かよ……。こ、こわぃ。マジでこわぃ!……なんにせよ、8年ぶりに復活して雰囲気も絵も声優もそのままで楽しめるのは何とも嬉しいことだ。

| | トラックバック (0)
|

いちばん綺麗なとき #山田太一

伴侶を亡くした者同士の奇妙な交流を、山田太一が繊細に描く人間ドラマ。酸いも甘いも知り尽くす熟年男女の一筋縄ではいかない心情を、演技派俳優陣が見事に表現。夫に先立たれた謡子(八千草薫)は、折り合いの悪い義姉の昭子(加藤治子)を世話しつつ一人で暮らしていたが、突然家を訪れた男やもめの武田(夏八木勲)に、妻の遺品の日記に亡夫との深い仲が綴られていたと聞かされ、動揺する。(日本映画専門チャンネルから)

いきなり来て「あんたの夫とうちの奥さんが出来てました」って言われたらなぁ。しかも双方もう死んでたりして。ひどい。で、会っているうちに気持ちが通じ合ってくると。ダブル不倫ですか。いちばん綺麗なとき→若い頃。今だと「差別だ!」とか言われそう。1999年では大丈夫だったかな。で、「夏の一族」と似た設定の義姉(加藤治子)が最後は「私だって経験あるし」とか蛇足だった気もする。まぁ救いを作っておくのが山田太一先生ですか。最後は三人仲良く山登りしているとか微笑ましい。いつも視聴後は気持ちいいのだ。

| | トラックバック (0)
|

夏の一族 #山田太一 

戦争の傷跡が影を落とす男と女の人間模様を描く。会社員の藤田明(渡哲也)は自動車設計部門から販売店に異動になり、セールスに励むが成績は上がらない。家庭では平静を装うが妻の久子(竹下景子)はそんな明との間に距離を感じていた。そこへ娘の奈美(宮沢りえ)の結婚話が持ち上がるが、明は二人の結婚を認めず、奈美は家を飛び出す。(日本映画専門チャンネルより)

渡哲也のドラマとか見たことないな。しかし藤田が藤田進から取った名前だとは(笑)もしかしたら、とは思ったが。疲れきったセールスマンと不登校少年の交流は熱い。藤田の育ての親で血縁関係のない姉(加藤治子)が実は……わかる、わかるよぉ。年下の美少年に劣情するって素敵!あと少しオカルト入ってるのも面白いところ。山田太一は現実的な物事に囚われない。お化け屋敷?での深町幸男の渋い演出が泣かせる。最後はうまく感動的にまとめる天才的な脚本は流石すぎる山田太一先生。感動です。

| | トラックバック (0)
|

アニメ・ミンキーモモ(91)と「ぴよこちゃん」 #ミンキーモモ 

1991年版の林原めぐみ主演の「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」(海モモ)というアニメ作品。1982年版の小山茉美のミンキーモモの親戚ということになっている。そこで父親である王様が「いーとこはーとこ、いとはとこー」と歌うシーンがある。大して気にしてなかったのだが、先日NHKラジオを聞いていたら、この曲がかかったのだ。「いーとこはーとこ、いとはとこー」。この歌の正体は「獅子てんや・瀬戸わんや」という漫才コンビが歌う「ぴよこちゃん」。1967年にリリースされたシングルレコード。作詞もやったらしいが、意外とグロテスク。今更まめ知識にもならんが、メモとして載せておく。そういえば先日の林原めぐみライブで海モモの曲を歌ったらしい。最近のCDにも収録されたとか。

| | トラックバック (0)
|

慈母観世音菩薩の呟き

最近のはイラストはトレスしてるから。今思うと20歳前後で、80冊も漫画のノート描いてたのにあんな稚拙なデッサン力だったとは。しかも、つい最近までそのままだった。絶望とは俺の為にある言葉。もう俺は生真面目っぽいのは嫌なんだ。真面目じゃない奴の方が人生楽しそうだし成功している。不公平すぎる!!だから俺は下品になりるろ(?)!!

保土ヶ谷の慈母観世音菩薩様に呟いてもらった。色々とお許しください。菩薩様も乳はでかそうだが。煩悩滅却!!Photo_2

| | トラックバック (0)
|

2017サマーSP爆乳白水着フェスタ

沖野ササエは30年以上もメインで活躍しているオリキャラである。このブログのどこかでも書いたけど「世間と家族と尊敬する人達への恨みの結晶」で誕生している。どうも顔もスタイルも乳のサイズも安定しないんだよな。で今回は爆乳。念のためだが、最初から爆乳だから。今回は癒し系イラスト。爆乳癒し系というとナウシカだよね(宮崎駿監督・談)。ところで「ゴッドタン」に出てたPちゃん(風子)に似てるな(笑)。Photo

| | トラックバック (0)
|

「慰安婦」問題とは何だったのか・大沼保昭著 #慰安婦

こういう問題に触れるのは怖いけど、アジア女性基金の理事だった大沼氏の著書を読んでみた。「慰安婦」問題とは何だったのか、だ。氏の経験を整理してまとめてある。問題の表面化、基金設立、対応、結果、反省、未来……と分かりやすく書かれていた。是非、ご一読あれ。非常にデリケートな問題である。小さい頃は戦争というのは、もっと禁欲的で清潔なものだと私は思っていた。いやいや。確かに戦闘中のどさくさに紛れて虐殺・強姦はあるにしても軍が施設として慰安所を作るなんて想像もしてなかった。大沼氏は正義を振りかざして実現不可能な事を訴え続けるのは元「慰安婦」達の為にもならないだろうと綴っている。そしてアジア女性基金は「民間」であるから国家補償よりも価値を低く見られる事を残念に感じていた。この本は2007年のもの。

で、ご存知のように2015年12月に不可逆な慰安婦問題日韓合意に基づいて国家補償として10億円を支払った。……あれ?これで終ったんじゃ。基金ではない国家補償なのに。この大沼氏の著書にも詳細が書かれているが、アジア女性基金からの償い金を送った時に総理からの詫び状も既に届けているはず。「謝罪・補償」ともに完了したはず。なのに韓国は約束を違えて慰安婦像も増設。うーん。

従軍慰安婦など存在してなかったという意見も相変わらず耳にする。当時の日本軍は一体、何をしたのか証明できるものは何もないというのか。広告?メモ?写真?あったにしても、なかったにしても大沼氏の本を読めば、これほど戦時中の事に対して丁寧に対応した国は他にないと分かる。そして、氏の言うとおり「正義だから勝つと思うのは幻想」、そのことを韓国が理解できる日まで問題は続いてしまうのだろう。

朝鮮と日本。日本はアメリカに無理矢理開国させられたが、そのあと日本が朝鮮を開国させた。もし順番が逆になったら我々の立場は逆になったのかもしれない。傷つけた人達を救済したいが、居丈高に糾弾されるのも辛い。何とか解決できないものだろうか。日本人として果たすべき責任について考えさせられた。

| | トラックバック (0)
|

カフェメイリッシュ・まのちゃん卒業 #メイリッシュ #Mailish

Photo 知る人ぞ知る秋葉原メイド(コスプレ)喫茶のメイリッシュ。今年で15周年の老舗である。そこで12年間ウェイトレスを勤めていた「まの」ちゃんが2017/6/25に卒業。私の中で一つの歴史が終った。失礼ながら、通い詰めていたわけでもなし、メイドに興味があるわけでもない。一時期の付き合いで行ってただけ。卒業イベントも行かず。最後にお会いしたのも2015年6月だ。今でもたまに行く事があるが、彼女の思い出が何故か蘇る。アイドル性を持つメイド喫茶のウェイトレス達。辞めてしまえば普通の人。ただ忘れたくないので一枚そっと描いてみた。もし秋葉原を訪れる事があったなら、決して派手ではないが、穏やかな雰囲気のカフェ・メイリッシュへ足を運んでみてほしい。さようなら。

| | トラックバック (0)
|

秋の一族〜山田太一劇場

新婚の妊婦(原田知世)が見知らぬサラリーマンに電車で転ばされた。夫(大鶴義丹)は怒って犯人をボコボコにするが、証拠がないと逮捕される。夫の父親(緒形拳)は示談を進めるが……。そこへ別れた妻(岸恵子)がシンガポールから帰って来て騒動が大きくなる。

「春の一族」で主役の緒形拳が、再び主役。またしても首になった中年男の役をうまく演じている。この人は若い頃どんな役やってたんだろうな。また浮気。でも今回は奥さんが仕事したくて離婚した設定。でも元妻は借金があって日本に帰って来たのだ。お互いに許せないと思っているが、氷解していく心を蕎麦で(笑)表現しているのは流石。山田太一も蕎麦好きか?足を引っかけたサラリーマンの気持ちは独身者なら分かるだろう。面会室の付き添い警官役の俳優さん、台詞もないけどいい味出してた。山田太一とよく組む演出家の深町幸男、少し離れたところからの会話劇をキレイに演出する。随所に挿入される電車、鳥なんかもフッと何かを気づかせてくれるのだ。

| | トラックバック (0)
|

春の一族〜山田太一劇場

ボロいアパートに無職中年、中井が住み始めた。一階には登校拒否の少年、二階には妙な女子大生、パートの中年女性。中井は何故か積極的に皆と関わろうとする。そのうちに雰囲気に変化が訪れる……。

これ、後楽園の所だよね!?うわ、懐かしい。それはともかく、山田太一の似た話では「家においでよ」があったと記憶する。中井は部下の策略で首になっていた。浮気もバレて奥さんや息子にも愛想を尽かされる。だからこそ、自分の人生を見直して他人のために動こうとする姿は心を熱くさせられる。主役・緒形拳の穏やかであり激しい演技は見てて飽きない。ズベ女の国生さゆり、なかなか良い。よくまーこんな人間も描けるよ。一筋縄ではいかない揺れ動く心情を三話で絶妙に表現している。

| | トラックバック (0)
|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »