アニメ・コミック

そんなアニメ見るなよ #セクハラ

今日の朝日新聞夕刊に50歳代女性パートの方が「アニメで女性の胸の揺れやスカート切られるのに違和感があった。声を上げていきたい」と言う投稿がセクハラ啓発欄にあって呆然となった。

そんな男性向けアニメ見るなよ。頼んでないのに自分から突撃していって文句つけるって変だろ。そんなの載せるから朝日新聞はダメなんだと言われる。とはいえ随分アニメやゲームにも規制がかかるようになった。男性は主張しないからな。自分が気に入らないもの全てセクハラとな。セクハラは撲滅すべきだろうが、何がセクハラか基準がない今は声の大きい方が有利。実害がないところまで批判する変な社会か。このツケは払わされるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今観ないと一生観ない #もののけ姫

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

宮崎駿監督の映画「もののけ姫」。今頃観ました。日本の中世頃、エミシの村を襲われたアシタカはやむなく祟り神を殺してしまうが、同時に呪われる。そのため彼は村を出て呪いを解く鍵を見つけようとするが、そこで不思議な野生少女サンと出会う。アシタカは鉄と銃を作るタタラの村に逗留するが、そこのエボシという女頭領が祟り神になった猪を傷つけた事を知る。そこへサンが矢張りエボシに山犬という森の神を傷つけた恨みを晴らしに来るのだが、返り討ちにあってしまう。そのサンを助けたアシタカは重傷を負うのだが ……。

まさしく大作の名にふさわしい映画で、こういう内容の映画は手塚治虫から続くものかと思う。今、こういう映画が世界的に見ても作られなくなったのは悲劇だ。自然と人類は共存できるのか?そして、そういう単純な構造でもなく人が人を欺き襲う。森の守り神のシシ神は生と死を司る存在ではあるが、どちら側に付くわけでもなく全てを平等に見ているようだった。

アクション作画も凄まじく、背景の山々も不気味なまでの神々しさで描かれている。ラストを含めたコダマの出現シーン等の演出も神秘的、またアシタカとサンの出会いのシーンも味がある。「美しい」と言われてサンが驚いて飛び上がるところは彼女の初々しさが出ていて最高(笑)脚本もアシタカが「そなたは美しい」とサンに告げる一言(一撃)は魅力ある。神々の会話も重々しく響くようだった。全体的に見て非常にクオリティが高いとしか言いようがない滅多に見られないレベルの映画だと思う。

とはいえ。サン役の石田ゆり子はダメだった。どうにもダメ。イクサー3か。どうもプロの声優を使わない事によって台無しになるアニメは後を絶たない。もののけ姫は名画だ。しかし、ヒロインの下手さで完璧じゃなくなる。発声がなってない。声優の演技ができてない人たちは「勢いをためる」という事が出来ない。パッと台詞が言えないのだ。肺から声が出てない。そんな滑舌もよくない。ヒロインの表情を完璧には理解できてないで演技してしまう。まぁありがち。ブログで呟いたって仕方ないが、俺の言いたい事がわかる人にはわかるだろう。むしろ最近の若い俳優の方がアニメに馴染んでるせいか声優やらせても上手い。マーニー役の有村架純はちゃんと声を作って声優に臨んでいた(ドラマの声と全く違う……不思議)。

まぁ、面白かった。やたら首や腕が飛んだりしてアニメ(ジブリ) は子供のものっていう意識を吹き飛ばしてくれただろう。

| | トラックバック (0)

あの声は昔からなんだよ #ハウルの動く城

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ドトールで半額券もらったので「ハウルの動く城」を借りてきた。帽子屋の少女ソフィーはせっかくナンパされていたところを魔術師ハウルが邪魔した事から、嫉妬した荒野の魔女の呪いで老女にされてしまう。その魔女の所へ行く途中で助けたカカシに連れられてハウルの動く城に住み込む事になる……。

押かけ女房か。宮崎駿が原作付きアニメやるのは「魔女の宅急便」以来15年ぶりだと。ほぅ。まず言いたいのはフィルム編集した奴、誰だ。ひどいぞ。「夢の中のロンド」かよ。金のかかった宮崎アニメでもこんな無能を雇うんだね。物語的には変わった恋愛ストーリー。ソフィーが城ぶっこわすのはやりすぎじゃなかろうか。宮崎アニメでイケメンて珍しいよな。

キムタクが声優って……それよか倍賞千恵子がヒロインて無理ありすぎ。昔「ユニコ」ってアニメで風の精やってた。あの時も思ったけど、この人って若い頃からババア声なんだよね。キムタクよりも倍賞千恵子のミスキャストがなぁ。


何でソフィーは時々若返ってるんだ。何故か白髪は治らない。
しかし、どうして誰も呪いが解けてきている事を教えないのだ(笑)はじめから呪いかかってる事は皆知ってたのか?なんて置いておいても流石は宮崎駿、どんなシチュだろうが女の子を可愛く描く事に関しては一流だよ。終盤の美少女に戻ったソフィーのキス連発、すごい破壊力(一番の見所だわ)!戦争もとめちゃう。え、ハウル?誰?

おや、あれ。知ってる人が出てる(内緒)。

| | トラックバック (0)

萌えか否か #通報系女子

47893_80_eac03a6b_9a08f5ad 愛知県警で作った痴漢撃退用のポスター。冤罪を招くと賛否両論である。様々な感想を見てみると「萌えイラストがキモい」「アニメ使うな」みたいな声も意外と多い。さて、個人的な感覚では萌えイラストには該当しないと思う。アニメっぽくもない。

リアルではない女の子のイラスト=萌えイラスト、と適当に呼んでいる人たちが多いような気がする。以前も「萌えアニメだが音楽はいい」というような紹介がどこかのブログにあったが、それは萌えアニメっていうほどのものでもなかった。「萌え」ってもっと媚びた感じなんだよね。しかし詳しくない人達がネットに書き込むようになって滅茶苦茶になってきた。

このポスターの見るべきところは「そこ」じゃないはずなのに「女の子のイラスト」という点に対して拒否反応が出ている。最近の傾向として多い。もう「女の子のイラスト」そのものがNGになりつつある。更に女をアピールしている事自体がNGになりつつある。確かに鉄道の美少女化とか集客のためとはいえ何となくイライラさせられるのも事実だ。今後どうなるのか注視したい。

| | トラックバック (0)

ついに観た #となりのトトロ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

見よう見ようと思って30年経ってしまった。この間ジブリの立体建築物展に行ったので、見るなら今だとレンタルで借りてきた。昭和30年代の日本。田舎に引っ越してきた父親と二人の姉妹。引っ越し先の家には何やら妙なものが住み着いていた。そのうち妹メイは森の精霊トトロに出会う。そして雨の中、妹と父親を迎えに行った姉サツキもバス停でトトロに出会い傘をあげたのだった。ある時、病気の母の容態が……。

よかったっす。この頃のジブリはまだ世間に染まってない感じ。あのトトロや猫バスの微笑みはアリスのチェシャ猫だよなぁ。絵柄もきれいすぎず、土の匂いがしそう。メイが子トトロを発見するところとか演出も凝ってる。音楽。久石譲の大ファンで映画も見てないのにトトロはよくピアノで練習してたので曲は知ってた。余り派手な物語ではないけど、このぐらいが子供にはちょうどいいんじゃないの本当は。お母さんに会いに行くだけ、なんて。OPやEDが昔のテレビアニメみたいで素敵。

サツキは10歳設定だったのが、12歳になったとか。って、我らがミンキーモモと同じじゃん。この頃のジブリはまだ声優使ってた。日高のり子に坂本千夏のコンビが最高。これで父が糸井重里じゃなきゃなぁ。やっぱりアニメにはプロ声優使った方がいいよ。少女の生々しい感じがほしくて本当の少女を起用する方が危ないと思うけど。まぁ、のん子(日高のり子)が元アイドルっていうのは置いておいて(笑)当時は興行収入がふるわなかったらしい。それで今は大人気なんだから不思議なものだ。面白いとは思うけど宮崎駿自体は好きじゃないんだよね昔から。はしゃぎすぎる動きとか。

| | トラックバック (0)

ジブリの立体建造物展 #思い出のマーニー

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そんなわけで天王寺のアベノハルカス美術館で開催中の「ジブリの立体建造物展」。東京では2014年に開催されてたらしい。まぁマーニーを知ったのは去年だから見てなくても仕方ない。声優使わなくなったジブリは余り応援したくない。

ジブリの人気は知ってはいるけど凄い混雑。身動きできないぐらい。展示物が小さいのと美術館が狭いのも原因だ。平日でもチケット買うのに25分かかるということなので駅前のコンビニでチケット買ってきた。

監督は高畑と宮崎しか紹介してない(笑)思い出のマーニーを最新作って……。あ、2014年そのままの文か。最初は我慢して並んで進むの待ってたけど途中で抜け出して思い出のマーニーのところへ。やっぱり他の絵よりも精密だ。入江・湿っ地屋敷の門・庭・大岩家や米林監督のメモ・大岩家の模型が展示してあった。動く部分はセル画が重ねてあった。湿っ地屋敷の模型も展示してほしかった。休憩してから前に戻って一応全部見た。ハイジも展示してるが、流石にカリオストロは無理だったらしい。

いゃぁ。さすがジブリ。老若男女見てるんだな。アニメはオタクの物とか思ってるわけじゃないけど、ジブリだけは別格の扱いなんだよな。まぁ美少女ばっかり出てくるからオタクからしたら同じなんだけど。解説で「千と千尋の神隠し」の建物が「遊郭っぽい」てバラしちゃってたわ。耳に入ってくる会話では我らがマーニーも意外に評判いいと知った。ただし見てない、知らない人たちも大勢。
マーニーのスタンドポストカードをゲット。最後に宮崎氏が「アニメでは人が機械を動かせる。機械を製造・メンテしている人達を描かない作品は嫌い」と語っていたのが印象的だった。昔、同じことを言ってた知り合いがいたなぁ。この人の感想がめっちゃおもろい。

| | トラックバック (0)

手塚治虫記念館 #手塚治虫

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ついに宝塚市にある手塚治虫記念館に行った。駅から徒歩で行ける場所にあった。

話には聞いていたが小さい。入口の所に火の鳥。建物は割と立派で小さな天文台ぽい。大人700円。

一階は手塚治虫の歴史を生原稿などを展示しながら細かく解説。年表もある。奥にはアニメシアター。
二階は余り関係ない企画展。手塚治虫を紹介するコンテンツ満載のパソコンが数台ある。読書コーナー。休憩コーナー。グッズ販売。
地下はアニメ体験コーナー。

うーん。
悪いけど大した事ことない。展示してる物の数が少なすぎる。地下と二階は余り価値はない。そもそも一つも作品紹介してないのだ。いくらスペース小さいからって変でしょ。大きなフィギュアとかはあるけど、そこで紹介した事になってる。手塚治虫をかなり好きで読んできた人達には物足りないはずだ。資料館的なものを期待してたわけでもないつもりなんだが…。

| | トラックバック (0)

ついに最終回! #プリキュア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

キラキラ☆プリキュアアラモードも今日で最終回。今日に限って早めにチャンネル合わせたら前番組で2Dライブ映像のキュアホイップが東山とリアルタイムで会話してた。

一年後の話になってて気のせいか背が伸びてるような頭身。今日の対戦相手は長老。次のプリキュア主人公も登場した。いちかも自分の夢を実現させるべく踏み出した。

今シリーズは肉弾戦を封じたので迫力不足は否めない。日常も戦闘も全てスイーツを基本にしたのは微妙。伝説の戦士じゃなくて伝説のパティシエだった。上手くスイーツで物語はまとまっていたのだが。どうも学年を変えたりしたせいで各プリキュア同士の人間関係は描ききれなかったようだ。まぁ、子供向けという意味では要らんのかもしれない。

これでキュアマカロン声優の藤田提督のプリキュア仕事も殆ど終わりかと思うと切ない。また大きな役がもらえるように願ってますよ。

| | トラックバック (0)

ココスとコラボ #ガルパン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ココスとコラボ #ガルパン
初音ミクとガルパンは何かとコラボ多いな。今回はガルパンxココス。クリアファイルくれるというので行ってきた。調子に乗って紅茶セットも買ってしまって後悔。小さいシール三枚だけとか。
しかし頼んだハンバーグセットも1500円ぐらいだし高いよ。まぁ、こんなものか。今回はカチューシャ様いないから来なくてもよかったかも。
尊い犠牲のおかげでプラウダのニット帽は買えた。プラウダだけないって矢張りカチューシャ様人気すぐるのか。

| | トラックバック (0)

帰ってきた #カードキャプターさくら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

中学生になったさくら。集めたカードが全て透明になってしまった。それと同時に異様な事件が起こり始めて再びカードキャプターとなる。

「ほえー」でお馴染みのカードキャプターさくら。帰ってきました。昔「ほえー」が1980年代に口癖だったと言ってる人がいたけど「ほえー」は1998年初出だよ。矛盾。20年ぐらい前なので、雰囲気は保ったまま続編が作れた感じ。主役の丹下さん一時期隠居してたけど数年前に復帰しててよかったね。不在中は知世役のセイントフォー岩男が頑張ってくれていた。映画版見てないので中国人と結ばれた経緯は知らん。これだけ昔と同じ雰囲気で続編作れたのは「スレイヤーズ」ぐらいだろう。エンディングは特に頭身上がってる。OPは前作同様坂本真綾。はやみんEDか。

少女漫画原作とはいえ、CLAMPの作品なのでこれほど美少女が強調されているのは納得である。ロリコン批判される事が多い昨今、NHKがよく続編制作できたなと感心する。近くの中学生がCCさくらグッズをカバンに付けていたYO.

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧