ココロさん

BlogPet

My Pixiv

  • pixiv

2014年8月24日 (日)

ゴジラ2014

見て来たよ。前のイグアナの方がマシだった(笑)。ジャンレノがかっこ良かったし。今回は主人公のフォードとかいう旦那さんは完全に役立たずで何1つミッション成功してない。怪獣が出て来たと思ったらムートーとかいうカマキラスみたいな。ってムートーの方が出番多い。ゴジラは最後に少しだけ出て終わり。画面から見きれていて見えません。そもそも画面暗過ぎて何してるのか分からない。場面転換が多すぎ。落ち着かない。ゴジラをじっくり見せるシーンもアップもなく演出的にもアウト。アメリカの原水爆に関する考え方の甘さ・人類の奢りという感覚の無さには呆れる。所詮はハリウッドに日本人の細やかで平和を愛する心は永遠に理解できないだろう。こいつら、日本のゴジラの何を見ていたの?全くゴジラを知らないのか。知ってて作ったのか。へぇ。近年の映画監督はどの国も才能ないねぇ。CGにおんぶに抱っこ。着ぐるみのゴジラのが迫力ある。あと、ゴジラの声が違う。イグアナの時は声だけはゴジラだったのに、それさえも変えられている。しかし、そもそもメインはフォード達のアクションやチープな家族愛で見てられない。真面目に作ってるのかもしれないが、やりきれない。そういえば新しいスタートレック映画でもヤング・カーク船長とかハリウッド糞すぎ。

俺は別にゴジラファンではないが、今年ケーブルテレビで全作品見た。ジャニタレとか最悪だったが、それでも今回のゴジラよりはマシだ。割と好意的な意見も多いようだが、この物語は破綻していて整合性もとれてないので俺は納得できてない。日本もだが、物語作りが下手になってる。やっぱりアメリカはアーミー物でも作ってればいいよ。しかし、日本もジリ貧になってゴジラを作る事ができない有様。情けない。やっぱり日本のアニメは最高だよ。こういうの見ると矢張り他国が追いつけない領域に達しているのはアニメだけだと実感する。

2014年8月12日 (火)

ホドロフスキーの サイコマジック・ストーリー

「リアダン」の上映映画館で売っていたので期待しないで買ったDVD。ホドロフスキーとは名前がつくが、こんなん聞いたことがない。イタリア映画。恋人のDVに悩んでいたリアは呪術医の叔母の元を訪れるが…。

期待しないでよかった。ホドロフスキーという名前がついていて、本人も数秒出演。原作者とはいえ、単なる一役者としてよく出演したもんだ。悪くはないが、いかにもヨーロッパ映画という趣で、画面が暗い。エロスでもバイオレンスもグロテスクもありません。ヴィクトルという恋人がいささか暴力的で子供嫌い、というのはリアルな設定で、呪術よりも精神病院に連れて行こうという考えはマトモじゃあないかな。それだけに納得いかん結末。
何より凄いのは、こんな映画作ろうっつう企画。ネットでの感想は概ね好意的なんだけど、俺としては中途半端(普通)すぎる作り方は楽しめなかった。余りに退屈なテンポ。割とヨーロッパ映画に耐性のある自分としては珍しいかも。サイコマジック呪術みたいなものがテーマなら、その部分はもう少し掘り下げても良かった筈。

2014年8月10日 (日)

リアリティのダンス

新聞を見て驚いた。ホドロフスキー監督が来日していたのか、新作映画宣伝のため…まさか!「エルトポ」で衝撃を受けて以来、崇拝している映画監督…座禅の会に行きたかった。残念だ。

まずは「ホドロフスキーのDUNE」…勿論、知っていた。とはいえ、こんな形(ドキュメンタリー)で企画が見られるとは。ホドロフスキーのDUNEに対する熱意は凄まじく妥協を許さぬ姿勢に感動。幻想・想像を映像化するのに、これほど適した人間はいないだろう。頭の中で既に明確なビジョンがあったのだ。あと、もう少しというところでーー。
「リアリティのダンス」はUPLINKの上映機材の不具合で一回目は途中で終了。ようやく本日、全てを見られた。おかげで理解が深まったかな。自伝的な映画とは聞いていたが、そこはホドロフスキー。普通に撮る訳がない。寂しいチリのトコピージョ…ホドロフスキーの故郷、ここで実際に撮影された。まさしく少年時代の悪夢が生々しく蘇っただろうに、それに対してホドロフスキーは映画を撮ることで自分自身を癒してしまった。更に現実(歴史)を変えて、欲しかった過去に作り替えてしまった。自伝映画かと思いきや主人公は父親だった。こうして見ると少年時代に経験した事が、後に映画に活かされている事が分かる。
ブロンティス(エルトポで息子)もアクセル(サンタ・サングレ)も、すっかり大人になって。中年になって。ブロンティスは父親そっくりになったな〜。ホドロフスキーはおじいちゃん。84歳か。それにしては若い。目の輝きが変わってない。相変わらずギラギラしている。常人にはないオーラを放ちまくっている。やたら漫画原作書いているらしい。っつても日本の萌えは理解できんだろぅ。フランスの漫画は芸術だからな。
丸くなったか、と思いきや。やっぱりホドロフスキー。「サンタ・サングレ」から20年以上経っているというのに、その感性は不滅。幻想的でリアル、そして残虐で暴力的で容赦ない。エロチックで不潔。不可解でショッキング。それでいて、超美しい!誰にでもお薦めできる映画じゃない。お金のために作られない映画とは純粋な芸術になりうるということを証明している。
自分の感性に忠実でいられる、それが真の芸術家・ホドロフスキー。

2014年5月 5日 (月)

ゴジラ映画

「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」「キングコング対ゴジラ」「モスラ対ゴジラ」「地球最大の決戦」「怪獣大戦争」「怪獣総進撃」「ゴジラ・ミニラ・ガバラ怪獣大進撃」「ゴジラ対ガイガン」「ゴジラ対ヘドラ」を見ました。

人気のあるゴジラだから期待しすぎたのかもしれません。実際、見たところ子供騙しの映画ばかりでした。ウルトラマン・セブンのような深さはなく怪獣同士を戦わせる極めて単純な物語で心底がっかりしました。既に二作目の「ゴジラの逆襲」で怪獣同士を戦わせるというコンセプトが完成して以来、人間の玩具みたいな扱いじゃないですか。ひどいね。キングギドラをリンチしたり、都合良く宇宙人や地球人に操られる怪獣達。怪獣ランドじゃねーっつの。ゴジラも、かなりふざけてる。プロデューサーの田中友幸氏が必死に守ろうとしたイメージも脆く崩される。ネットで見ると、60-70年代ゴジラは実は割と評判は良くないらしい。1984年からのゴジラの方が評価は高いみたいだ。ここらへんは今月からスタート。一応見てみるか?

「エルトポ」のホドロフスキー来日

新聞見て驚いた。ホドロフスキー監督が来日したんだって!?23年振りの新作「リアリティのダンス」公開記念らしい。まさか。神が降臨したというのか!ホドロフスキー監督の「エルトポ」を見たのは30年近く前の話。夕張ファンタスティック映画祭で公開されたフィルムが流れてきたのだ。衝撃を受けた。何だ、コレ。全く見た事もない映画。ふくやまけいこの漫画の影響でマイナー映画を見まくっていた頃、偶然に見た。自分では解析できない「何か」。今もって、この芸術性を理解しているとは言い難いものの、単なる残虐な映画ではない事だけは分かった。これは「人間の深層心理にある神聖かつ普遍的な事象の具現化」ではなかろうか。他の「ホーリーマウンテン」「サンタサングレ」「ファンドとリズ」も見た。そして確信した。商業主義とは全く別な芸術としての映画なんだ。実験映画とも違う、独自の信念に基づいて製作されている。この人は普通の人じゃない。神の領域に限りなく近い感覚を持っている。

商業主義にまみれた世界で生きている自分。誰もが金儲けの為に働く。自分の夢が実現して金を稼ぐ事を夢見る矮小な世界。そして希望はないのに野望だけは存在する過酷な世界。どうか正しき道に導いて下さい。

2014年3月21日 (金)

拳銃無頼帖 不敵に笑う男

これ三作目か。Necoが放送した順に見たから、これ最後に見た。スタッフはこちら。連続で見たら、どれがどれだか分からなくなった。だって似たような話だし、キャストは同じだし。興味ないなら見るなって言われそうだけど、仕方ないよ。赤木圭一郎がどんな役者だったのか、一度じっくり見てみたかったし。1960年、日活か…。あの頃は飛ぶ鳥を落とす勢いだった日活も今では見る影も無い。今回は早撃ちの竜、という名前です。宍戸ジョーはコルトの謙という役で、これまた憎めない奴。あのニタッて笑う表情が素敵♥ムショに入ってる間に恋人が自殺。竜は真相を突き止めるために、妹を助けるために奔走する。またしても(笑)暴力団とヤクザの話です。そういうシリーズなんだから仕方ないって。いっつもアニメとSFしか見ない俺には辛い展開ですわ。コルトの謙がまたいい奴すぎる。そういえば宍戸ジョーの映画とか、ブラックジャック以来だ。って、未だになんで宍戸ジョーがブラックジャック演じたのか謎だ。吉永小百合も出てる。普通にヤクザの妹・女かい!いやー怖いな。実際、カタギの人達が少な過ぎ。

全くといっていいほど、理解できかねる世界。トニーの魅力についても残念だが、余り理解出来ず。宍戸錠の魅力を知ったが。とはいえ、近年急激にレベルの落ちつつあるドラマやアニメを考えると、この時代の気合いが入った姿勢は目を見張る物がある。自分の好みではないが、これはこれで素晴らしい映画なんだな。

拳銃無頼帖 明日なき男

チャンネール・Neco♪ということで第4弾。続編かと思ったら、全然違うのな。スタッフはこちら。って、見る順番違ったか。赤木圭一郎の主演映画。宍戸ジョーも出てくるし、あれ。キャストが同じだけど違う世界?なかなか面白い作り方。手塚治虫のスターシステムみたいだよ。抜き撃ちの竜はカタギになろうとしていたが、ライバルのコルトのジョーが死にそうと聞いて岐阜へ…しかし、それは罠だった!刑務所でジョーと再会した竜。

パナソニックのボロいレコーダーのせいでラスト見られずヽ(`Д´)ノ。おや、リンク先のストーリー、ピアノのお嬢さんが有村の娘になってるな。妹じゃなかった?まぁネットの情報は結構いい加減だからな。今回も宍戸ジョーはいい味出してます。赤木圭一郎は今はいないタイプの色男やな。物語は暴力団の麻薬と金の話で、俺にはついていけない系。でも悪くないですな。

連合艦隊司令官 山本五十六

1968年の東宝映画。ケーブルテレビでやってた戦争映画特集もこれで最後。スタッフはこちら。ウィキもそんなに正確じゃないがな。日独伊同盟に反対していた海軍次官→司令官の山本五十六ではあったが、血気にはやる陸軍の影響で近衛内閣が成立して日独伊軍事同盟が成立し嫌々・渋々ながら米英と戦うことになる苦悩。

この人が三船敏郎か。初めて見た(汗)。邦画なんか見たこと少ないし、子供の頃はテレビも見られず映画も連れて行ってもらえず無知のまま。知らなくても死なないが。どっしりとした器の大きな男を演じるにはぴったりのイメージだね。冒頭の小舟に乗ってるシーンだけが、ほのぼのしているが、その後は苦虫かみつぶしたような展開だから終始厳しい表情だ。大きな戦果をあげても喜ばない。実際、早期講和を求めて奇襲作戦とか成功させたのに軍部を調子に乗せただけで本人の意図とは別な方向にいってしまったのだ。
ゴジラの芹沢博士とか加山雄三、佐藤充、藤田進…などなど東宝映画にお馴染みの顔ぶれも登場。ウルトラマンの黒部進も出演。特撮は円谷英二。って、この真珠湾攻撃シーンはまたしても「太平洋の嵐」とかの流用ですか。いいけど。ガダルカナルの置き去りにされた陸軍のシーンは悲惨。今まで映画は海軍中心だったからな。今回も海軍中心だけど、陸軍の確執から、このシーンも描かれているようだ。山本五十六の戦争終結を熱望する焦りが三船の演技から感じられ、また同時に一人ひとりの兵隊に対する愛情も、うまく表現しているように思えた。色々と勉強になった…。

拳銃無頼帖・抜き打ちの竜

だんだんスタッフとか書き写すのが苦痛になってきので、こちらをご覧下さい。そんなわけで知り合いが赤木圭一郎の大ファンで、どんな人が知りたくなって見てみた。日活、1960年の映画。麻薬中毒から立ち直った拳銃使いの竜二、「抜き撃ちの竜」と恐れられる。そんな稼業から足を洗おうとするのだが…。

なかなかキザな、いい男。ただ映画見終わったら顔は覚えてられなかった。ライバルの銀(宍戸錠)の方が印象深かったからか。俺としては銀のニタッと笑う顔が好印象(笑)。映画としては麻薬を巡るヤクザっぽい話で、俺にはとても付いて行けない展開。全く面白さが…わからない。今まで見てきた映画とかドラマとかと余りにも掛け離れているので、ね。

2014年3月17日 (月)

ゴジラ 1954年東宝映画

いつか見ようと思ってたら40年経っちゃった。ひでぇ。さて。言わずと知れた怪獣映画の元祖ですが、今まで一作も見た事ありませんでした。このところ東宝戦争映画を見ていた影響で見ることにしました。

度重なる水爆実験の影響で地上に現れた恐竜の生き残りゴジラ。どんな攻撃にも耐える凄まじい生命力に成す術もない人類。その時、芹沢博士の秘密兵器沖氏ジェン・デストロイヤーが唯一の武器と知った山根博士の娘は何とか説得する。
これが、ゴジラか!雰囲気自体は東宝戦争映画と同じだ。戦争映画で培ったノウハウをうまく使ってリアリティのある怪獣を作り出したのだろう。よく分からないがウルトラマンとかとは違う迫力がある。水爆実験に対する批判もあり、深い作品だ。緊迫感のある演出はすごい。破壊される東京、ゴジラの吐く不気味なガス、一度見たら忘れられないシーン。こりゃヒットする。
うちにあったゴジラの人形。思い出した。あれ、隣りのお兄ちゃんが引越する時にもらったんだ!

より以前の記事一覧